カテゴリー別アーカイブ: 05その他

5

冬期の猪鹿猟の地域性*

 今回はこれまでにお世話になったことのある、ふたつの地域で経験した冬期のイノシシ・シカ猟の様子について簡単にご紹介します。

 ひとつめは、冬期は1メートル以上の積雪がある山間の地域です。
 人家や田畑から車で5分程林道を奥へ進んだ先、いわば農村の裏山で猟を行っています。猟の形態は、数人から10人程度が勢子と待手に半分ずつ分かれて山に入る巻狩り(追い込み猟)のほか、併せて猟犬を使う方法、一人で山に入り前日の足跡からイノシシのねぐらを探す方法など様々です。倒した獲物は速やかに内臓を抜き、川に沈めて血抜きしたのち、寒い作業場に数日間吊るしてエージングしてから解体していました。

 狩猟にとって降雪は多くのメリットがあります。

雪上に残ったイノシシのねぐらの跡

 まず、下草が倒伏して見通しが良くなり、歩きやすくなります。白い雪を背景にすると、シカやイノシシの姿が見やすくなります。(雪影に紛れて逆に見にくくなることもあります。)足跡がしっかり残りますので後を追うのも待ちをかけるのも簡単です。足跡の新鮮さは雪の解け具合や新雪の被り具合から判断します。雪が多い日には、イノシシが雪に脇腹の跡を茶色く残しながら除雪車のように綺麗な一本道
を作って行ってくれていました。
 雪が降って大変なことは、まず何といっても寒いことです。待場に入り何時間も一カ所に座って居ても凍えないよう、防寒服やカイロだけでなく防寒長靴や尻敷なども整えます。積雪が多い日には山に入るのさえ大変なこともあります。新雪でカンジキが効かず、胸まで雪に埋もれながら少しずつ斜面を登ったりします。積雪が多く車が林道に入れない時はスノーモービルが大活躍します。

 ふたつめの地域は、冬も温暖で果樹園が斜面を彩る里山です。
 果樹園や竹林、太陽光発電パネル、そしてゴルフ場などが周囲を取り巻く地域で猟が行われています。人家や畑の間の生活道路を車で移動した後、徒歩で5秒から10分ほどで各待場に到着します。待場のすぐ近くを車が通ったり、果樹園境のフェンスを背にして待場とすることもあります。猟場が人里に囲まれていることや猟師人口が比較的多いためか銃猟は巻狩りのみで、複数の猟犬を用いた猟が行われています。10人から20人いる猟師の大部分が待場に入り、向かいの山から放たれた複数のGPS付猟犬が、勢子に誘導されながら射手をめがけて獲物を追い込んでゆきます。

 冬期とはいえ積雪はほとんどなく、日差しが当たればほのかに暖かいほどで、ひたすら待場に潜んでいてもそれほど負担になりません。林内や獣道のすぐ脇を待場とすれば、積雪は無くても下草はそれほど多くなく獲物の姿をきちんと見分けることができます。
 暖かいことで生じる課題はあまりありませんが、獲物にダニが多く早い時期からハエが発生しやすいことは若干のデメリットでしょうか。また、暖かいと肉が悪くなり易く軒下でのエージングはできません。多頭数獲れた日でも解体まで当日中に全て終わらせなければなりません。その後各自で血抜きやエージングをすることになります。

役目を果たして休息する猟犬たち

 このように、同じイノシシ・シカ猟とはいっても地域によって環境に応じた様々な猟が行われていました。またどちらの地域でも、共に出猟する仲間同士の信頼関係が大切にされていたり、地元の農家と関わりながら猟が行われているといった共通点も知ることができました。これからも地元の要望に応えて野生動物の個体数を調節しつつスポーツとしても楽しむという、人と野生動物との上手な共生関係を実現する役割を期待したいと思います。

(*冬猟は実益を兼ねたスポーツであり、有害駆除ではありません。)

森を守るために

 今、日本の森で何が起きているか、ご存じでしょうか。

 日本の国土は約7割が森林で占められていますが、今のような木や草本が生い茂る森になったのは、そんなに昔のことではありません。唯一の資源として過度に収奪されてきた森は、長らくほとんどがはげ山の状態でした。その影響で土砂崩れなどの災害が多発し、明治時代からは国をあげて治山治水事業として森林整備が実施されてきました。それに加えて、戦後から始まったエネルギー革命による里山利用の衰退により、森林はここ数十年で急速に回復したのです。

50haに及ぶ大面積皆伐地。シカの食害を防ぐため、苗木にツリーシェルターをかぶせているが、完全に防ぐことはできていない。
50haに及ぶ大面積皆伐地。シカの食害を防ぐため、苗木にツリーシェルターをかぶせているが、完全に防ぐことはできていない。
 同じ時期に、戦後の復興で高まった木材需要を満たすために拡大造林政策が進められました。現在の人工林率は全体の約4割ですが、このときに造林されたものが多くを占めています。この各地で造林された人工林が今、本格的な利用期を迎えています。国の施策でも、林業の成長産業化の実現を目指した国産材の安定供給体制の構築を掲げており、全国で伐採の動きが加速しています。しかし、収益がまだ少ないことから、作業を低コストで実施するために、数十haに及ぶ大面積皆伐を行っている地域も増えてきました(写真)。このときに問題になるのが、シカによる被害です。シカの生息密度が高い地域で伐採した場合、植栽した苗木に対する食害が非常に大きいため成林が見込めなくなります。このままだと、災害が多発する過去のはげ山に戻ってしまうのです。

 再造林地でのシカによる被害を防ぐために、伐採後は主にツリーシェルターを設置する物理的な防除が実施されています。特にシカの生息密度が高い地域では、苗木の食害を防ぐために柵などの設置が不可欠な状況です。ただ、この方法は設置のための初期コストも大きく、設置後もシカの進入を防ぐためには定期的な見回りが必要になります。設置には補助金が出ますが、その後の見回りにかかるコストは土地所有者や管理者の負担となるため、設置しただけで放置している場合も少なくありません。また、シカによる被害を防ぐためには、個体数管理のための捕獲もあわせて実施する必要がありますが、森林でシカを捕獲できる人は減り続けています。今後の森林管理ではシカの管理も必須になると考えられることから、管理を担う人材の育成や管理体制の構築を進める必要があるでしょう。

 それでは、森を守るために、私たちができることは何でしょうか。

 一つは、価格の安い外材ではなく、国産材に森林保全にかかる費用を含めた対価を支払うこと。そうすることで、コスト削減のための無秩序な大面積皆伐を減らし、シカの管理を含めた持続的な森林管理に取り組むことにつながります。もう一つは、シカなどの動物を含めた森林との関わりを取り戻すこと。中山間地域が衰退し、都市に住む人が増え続ける中で、森林などの自然と接する機会のない人も増えています。まずは、身近な自然に興味を持ってみてください。それが自然と関わる第一歩、そして森を守ることにつながるのです。

自然観察、自然遊び

★今回はWSJのメンバーがボランティアで参加している自然観察活動について、
 その内容や活動に対する想いを紹介します★

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 地元の子どもたちを対象に、年間を通じ月1回季節に合わせた自然観察や体験の活動を行っています。今年度で13年目になりました。私のところでは、スタッフはみんなボランティアで、地元以外からも来てくれています。春は田んぼでカエル観察、夏は川で泳ぎながら水生昆虫や魚を採って観察、冬は遊びながらカモの種類を観察する「かもかもビンゴ」などが、主な活動です。「化石さがし」も子どもたちに大人気です。

 私の住まいは県内でも自然の豊かな場所ですが、学校は統合が進み通学距離が長い子も多いためか、放課後に子ども同士で集まって遊ぶ姿はあまり見られません(家の中でゲームをしているのかも知れませんが)。自然に囲まれた地域でも、子どもが自然の中で遊ぶことが少なくなっていると感じます。

201604_自然クラブ1 私の行っている活動に参加している子どもたちは、自然について興味を持っている子がほとんどで、図鑑やマスメディアなどからの情報はとてもよく知っている子が多いです。しかし、実物を見たり触ったりという経験が少ないようです。なので、活動に参加することで、生き物を見つけるポイントや捕まえたときの反応、触ったときどんな感触でどんな臭いがするのかなど、実際に自分でやってみて図鑑には書いていない多くのことが学べることを実感として持ってほしいと思っています。

 この活動を始めたのは自分が自然の中で遊びたいからだったのですが、今ではこのような活動がとても大切なものに思えます。子どもの時期に自然に触れて遊び、楽しかったという気持ちを持っているかどうか、そのことが大人になってからの自然を見る目、受け止め方に影響していると思うからです。そして、野生動物と人との軋轢の軽減や自然環境の保全などには、それを仕事として携わる人以外の方々の理解が大切だからです。
 全国で自然と親しむイベントなどの取り組みが行われていると思います。前述した理由から、活動を実施する側が科学的根拠を持って実体験に基づく「ほんもの」の情報を参加者に伝えることがとても大切だと感じます。

201604_自然クラブ2 話は変わりますが、本が出ました。「とちぎの野生動物~私たちの研究のカタチ」という本です。ここ30年くらいの栃木県内の野生動物の研究を読み物としてまとめた内容です。是非ご一読ください。私もチョットだけ書かせていただきました。

ニホンジカの肥育について

 捕獲したニホンジカを肥育して食肉利用しようとする動きが各地で見られますが、今回は私自身の勉強もかねて肥育とは何であるのか、またニホンジカを肥育することは可能であるのかを既存のデータをもとに考えてみたいと思います。

 肥育とは牛の場合少なくとも2-3か月、長い時には2年もの歳月をかけて特別な飼料を与えて肉をつけ、良質な脂肪を体に蓄えさせること 1 をいいます。肥育には離乳個体をもと牛とする若齢肥育と、産乳や使役などの目的で何年か使用した後に肥育する壮齢肥育、繁殖牛を飼う場合の普通肥育に分けられています 2 。ニホンジカの肥育は現状として野外で捕獲した個体を用いることから、その肥育様式は壮齢肥育に近いと考えられます。
 しかしニホンジカの成長曲線としては12~18 カ月齢の間に12.6kg、24~30 カ月齢の間に7.9kgの増体が認められますが、成長が進んだ段階では増体量が小さくなるとの報告があります 3 。また、より長期間の調査が必要ではあるものの、ニホンジカの体重増加には季節変化がみられ 4 、冬季は多く給餌しても体重が減少するともいわれています 5 。そこで体重の減少を抑えるためにクラッシュアルファルファヘイキューブと一緒に脂肪酸カルシウムを給餌したところ、冬季の体重減少は抑えられ一定を保ったという報告もありました 5 。一方で夏季に近づくにつれて体重は増加し、そのときの最大値は約1.15倍でした 5 。これは例えば体重40㎏のシカであれば夏に6㎏増加するということです。翌年の冬季まで体重が維持されるのか報告がなかったので不明ですが、何にせよニホンジカの壮齢個体の体重増加には多くの労力が必要であることがわかります。

広島厳島神社内に生息しているニホンジカ。これくらい慣れた状態であることも、飼育するうえで必要な条件であると考えられる。
  以上より、ニホンジカの肥育を行う場合は体重増加が最も期待できる若齢肥育を行うことが推奨されます。しかし若齢肥育を実施するためには、まず子ジカを得るためにニホンジカの成獣を飼育して繁殖させる必要があります。ですがニホンジカを繁殖させて増やすという行為は、今の日本の現状からは本末転倒な話です。また、これが成功したとして現在の流通価格よりもはるかに高い肉になってしまうため、果たしてそのような肉を誰が買うのかという事も問題となってくるでしょう。

 したがって私個人の意見としては、これ以上の労力とお金をかけてニホンジカの肉量をわずかばかり増やす努力を続けるよりも、日本全国で1年間に捕獲される約47万頭(2014年度)のニホンジカ 6 の肉を、廃棄せずに余すことなく有効に活用できる状態をつくること、つまりトレーサビリティーや流通経路などの仕組みを考える努力を行う方が、よほど現実的ではないかと思います。

 みなさまは肥育について、どうお考えでしょうか。

参考文献

  1. 伊藤宏(2001)食べ物としての動物たち 牛、豚、鶏たちが美味しい食材になるまで.株式会社講談社 pp175
  2.  並河澄. 大森昭一朗. 米倉久雄. 吉本正. 内海恭三. 新井肇 (2000) 家畜飼養の基礎 社団法人農山漁村文化協会 pp275
  3. UCHIDA, H., S. IKEDA, M. ISHIDA, T. INOUE and T. TAKEDA (2001) Growth characteristics of artificially reared Sika Deer (Cervus niPpon). Anim. Sci. ]., 72: 461-466.
  4. 浅野早苗, 及川真里亜, 天野里香, 黒川勇三, 板橋久雄 (2007) アルファルファヘイキューブを給与したニホンジカの消化生理とその季節変化 丹沢大山総合調査学術報告書., 5:155,157-158
  5. 田村哲生, 寺崎敏明, 中村健一, 奈良雅代, 新井一司 (2011)〔シカの生息域拡大過程ならびに捕獲シカの肥育条件の解明〕 シカの体重測定手段の開発および体重の低下抑制に関する研究 東京都農林総合研究センター成果情報, 26-3
  6.  環境省(2014)狩猟及び有害鳥獣捕獲等による主な鳥獣の捕獲数
    http://www.env.go.jp/nature/choju/docs/docs4/higai.pdf

生物多様性を脅かす外来種

収穫間近、アライグマの食害に遭ったとみられるスイカ
収穫間近、アライグマの食害に遭ったとみられるスイカ
 “外来種”と聞くと、アライグマ、ガビチョウ、ミシシッピアカミミガメ、ウシガエル、ブラックバス、アメリカザリガニなど、人によって様々な生物を思い浮かべることができます。これらの代表的な外来種に限らず、日本は非常に多種の外来種で溢れ返っており、生態系の破壊や遺伝子汚染、感染症の伝播・拡散、さらには農業被害や人身被害など様々な問題を引き起こしています。例えば、マングースによるヤンバルクイナの捕食、アライグマによるアライグマ回虫の拡散、在来/外来オオサンショウウオの交雑などが挙げられます。

 外来種の定義は「導入(意図的/非意図的)によりその自然分布域の外に生育又は生息する生物種」とされているように、国外のみならず日本国内間での導入も含まれます。その導入経路としては、ペットや産業動物の脱走・放出、輸入貨物への付着や船舶のバラスト水を介したものなど多岐に渡ります。それらの全てが導入地に適応・定着するわけではありませんが、一度定着した種は排除がかなり困難であり、まとまった資金や労力が必要となります。

 日本は「生物多様性条約」の締約国であり、この条約の批准に伴い策定された現行の生物多様性国家戦略2012-2020の中でも、生物多様性を脅かす4つの危機のうち第3の危機として外来種防除の重要性が明記されています。近年では外来生物法などの法整備が進むほか、今春には環境省・農林水産省・国土交通省が協同して外来種被害防止行動計画および生態系被害防止外来種リストを作成・公開しており、外来種防除の機運はますます高まっています。

 現在、日本では外来種対策として国や自治体ならびに研究機関が主導となって様々な対策が講じられています。概ね、わなを用いた捕殺が一般的ですが、フェロモンや嗜好性エサを用いた効率的な誘引捕獲法の検討や、ある動物種では種特異的に繁殖を抑制する避妊ワクチンや選択的に毒性を示す毒エサの開発研究などが進められています。しかし、それらの対象は外来種のまだまだごく一部であり、ますます多くの外来種が日本に導入されつつあると考えられます。外来種捕獲事業や研究分野の推進のみならず、社会的な外来種防除思想の浸透・発展に期待したいです。