乗鞍畳平でのツキノワグマの事故について

2009年9月19日、ツキノワグマ(以下「クマ」とします)によって乗鞍畳平で10名の方が怪我をされる事故が起こりました。

事故直後に実施された岐阜大学乗鞍クマ人身事故調査プロジェクトチームの調査によって以下の事柄が判明しています。

  • 加害したクマはオスの成獣で、事故直前まで周辺の植物のような自然の食物を食べていた
  • 畳平周辺にはハイマツの実などの十分な食物があり、クマの自然な生息地だった
  • 人、車、鉄柵と衝突を繰り返した結果、クマがパニックを起こして攻撃的になったと推測された

クマによる重大な人身事故の多くは人による餌付けが背景にありますが、乗鞍のケースはそうではありません。人を次から次へと襲った行動も、クマが敵の群れに囲まれた場合のような防衛的な反応に近いものでした。ごく自然で普通のクマが、不幸な偶然が重なって攻撃的になったために発生した事故だったのです。

しかしその「偶然」は、どうやら起こりやすいもののようです。こちらに岐阜県が集計している畳平での目撃情報(H29)があります。
平成29年度 ツキノワグマ目撃箇所(畳平周辺)

実は、畳平周辺ではその後もクマが頻繁に目撃されています。そしてこの地図で注目すべきは、大黒岳、魔王岳、富士見岳への登山道等で形成された環状構造です。その他にも道路や登山道、遊歩道で形成された環状構造が多く見られます。この環状構造の中へクマが入れば、どこへ逃げてもクマが人と出会う状況に陥ってしまい、逃げた先で人との遭遇を繰り返したクマがパニックに陥りやすい環境となっています。実際、2009年の事故は大黒岳の登山道から道路へ向かってクマが走り出したことが起点となっています。この際、大黒岳の登山道付近に人がいたことも目撃されています。

こういった環状構造は乗鞍に特殊なものではなく、他の多くの自然公園でも見られます。つまりこのような構造があればクマのパニックはどこでも起こり得るものなのです。今後はこのような利用形態、構造について事故リスクの観点から十分に議論され、適切に改変されることが望まれます。

では環状の構造があれば同様の事故が今後も繰り返されるのでしょうか?
事故を予防するために、どういった対策が必要なのでしょうか?

岐阜大学によって、その後も調査が実施されています*。

2014年、2015年に実施された望遠鏡を用いた定点観察調査では、畳平周辺の28時間の観察で28回のクマの出没が記録されました。観察されるクマは親子、亜成獣、成獣と様々で、落ち着いた状態で主に草本類を採食している姿が確認されています。もしクマが人を避けないのであれば、周辺にはかなりの数の観光客がいますから、相当な数の目撃報告があるはずです。しかしこの調査で確認された28回のクマの出没のうち、岐阜県統計で目撃情報として登録されていたものは1回(3.5%)だけでした。
こちらが、岐阜県の目撃情報を掲示しているサイトです。
岐阜県域統合型WebGIS クママップ

これらの結果から以下の事柄が分かります。

  • 利用者側はほとんど気付いていないが、畳平周辺にはクマが多数生息している
  • クマの側がかなり慎重に人を避けて距離をとっている
  • ハイマツ帯のような開けた場所でも、周辺にいるクマはなかなか見つからない

事故予防の観点からこれらの結果を考えれば、見つけたクマへ注意を払うだけでは明らかに不十分であることが分かります。実際、2009年の事故を起こしたクマは初めの被害者が見つけた時点でパニックを起こしており、既にコントロールができない状態でした。クマの事故は「見つけたクマへの対処に専念する」ような対応方針ではカバーできないのです。

では、見えていないクマへはどのような対策をすべきなのでしょうか?
クマのパニックを防ぐためにどのような方法があるのでしょうか?

結論から言えば、鈴やラジオのような音の鳴るものを持って行動することです。クマが人を避けていることが明らかですから、人側がそれを補助すればよいのです。

高山帯の観光地で鈴やラジオを持つ意義は以下のようなものです。

  • 音に気付いたクマが周辺を警戒する行動を増やし、人との距離をとる
  • 興奮して走り出すような距離でクマが人と遭遇する事態が起こりにくくなる
  • 人の多くいる(鈴の音が多い)エリアへクマが向かうことを避ける

これらの効果は、人がクマの存在を正確に把握していなくても勝手に発揮されます。鈴等によるクマと人との遭遇の予防は、事故を避ける上で最も重要な管理ポイントで機能し、費用が安く、それゆえに最優先で普及すべき対策方法です。

2014年、2015年の岐阜大学の調査では、鈴やラジオ等のクマ対策を行っている利用者の割合についても調べられています。調査の結果、2009年の事故の後の調査であるにも関わらず、対策をしている人は1663人の調査対象者のうち95人(5.7%)であることが分かりました。

クマと人との事故リスクを考える上で最大の課題は、人側の意識の低さです。クマが存在し、実際にクマによる事故も発生していながら、適切な対策を取る利用者があまりに少ないのです。事故当時に対策していた利用者は恐らくもっと少なかったでしょう。もし2009年の当時、登山道を利用する人が鈴等で対策していれば、そもそも大黒岳でクマが走り出してしまうような人との接触は起こらなかったはずです。自衛のためにも、間接的な加害者にならないためにも、鈴等によるクマ対策は山林に入る際に当たり前の装備とされるべきでしょう。

一般利用者の意識向上は非常に困難な課題に見えるのですが、そこには希望もあります。

岐阜大学の調査では、高山帯のクマに対する利用者の意識調査も行われています。高山帯のクマに関して保全すべきか排除すべきかを畳平の利用者を対象に調べたところ、314人のアンケート調査対象者のうち排除すべきと答えた利用者は8人(3%)にとどまりました。

観光地におけるクマの存在は、その地域で観光業を営む人たちにとってタブーに近い扱いをされることがあります。クマを恐れて観光客が減少する不安があるからです。しかしこの調査から、利用者の多くはクマを危険な害獣とはみなしておらず、自然の一部として見ていることが明らかになりました。

長くなりましたが、結論はとても簡単です。
乗鞍に限った話ではありませんが、山林に入る際は鈴などの対策を取ること。
管理者や観光業者はクマの存在を隠さず、適切な対策情報を示すこと。
これだけで、クマも、利用者も、観光業者も、落ち着いて乗鞍が満喫できるということです。

*森元萌弥・松山亮太・國永尚稔・妻藤李白・中島彩季・生島詩織・吉田智幸・荒井秀・岩木りお・西川優弥・長谷川彩・渡辺祐希・吉田幸弘・中野祐二. 2015. 乗鞍岳畳平周辺におけるツキノワグマの出没と公園利用者の意識. 第21回「野生生物と社会」学会沖縄大会プログラム・講演要旨集: 177.

クマとの不幸な事故を避けるために

山菜採りで山に入った方がクマと遭遇し、事故になるニュースが相次いでいます。
ニュースになるたびに、
「クマは凶暴」
「山に入る人が悪い」
「クマ鈴はもはや効かないらしい」など、
いろいろな意見が飛び交いますが、みなさんはクマのこと正しく知っていますか?
闇雲に怖がったり、被害者を責めたりしても、事故のリスクがなくなるわけではありません。
クマやその対策をきちんと知り、備えることで、事故のリスクを最小限にして山菜採りや山歩きを楽しむことができます。

山野がクマの生息地であることは間違いありません。
では、山野に出かけるとき、何に気を付ければ良いのでしょうか?
簡単にまとめてみたので、たくさんの方に読んでいただければと思います。

*画像をクリックするとPDF でご覧いただけます。
普及や教育用、メディアで取り上げるなど、二次配布をご希望の方はWSJ事務局までご連絡ください。
連絡先: info★npo-wsj.org (送信する際は★を@に直してください)

冬期の猪鹿猟の地域性*

 今回はこれまでにお世話になったことのある、ふたつの地域で経験した冬期のイノシシ・シカ猟の様子について簡単にご紹介します。

 ひとつめは、冬期は1メートル以上の積雪がある山間の地域です。
 人家や田畑から車で5分程林道を奥へ進んだ先、いわば農村の裏山で猟を行っています。猟の形態は、数人から10人程度が勢子と待手に半分ずつ分かれて山に入る巻狩り(追い込み猟)のほか、併せて猟犬を使う方法、一人で山に入り前日の足跡からイノシシのねぐらを探す方法など様々です。倒した獲物は速やかに内臓を抜き、川に沈めて血抜きしたのち、寒い作業場に数日間吊るしてエージングしてから解体していました。

 狩猟にとって降雪は多くのメリットがあります。

雪上に残ったイノシシのねぐらの跡

 まず、下草が倒伏して見通しが良くなり、歩きやすくなります。白い雪を背景にすると、シカやイノシシの姿が見やすくなります。(雪影に紛れて逆に見にくくなることもあります。)足跡がしっかり残りますので後を追うのも待ちをかけるのも簡単です。足跡の新鮮さは雪の解け具合や新雪の被り具合から判断します。雪が多い日には、イノシシが雪に脇腹の跡を茶色く残しながら除雪車のように綺麗な一本道
を作って行ってくれていました。
 雪が降って大変なことは、まず何といっても寒いことです。待場に入り何時間も一カ所に座って居ても凍えないよう、防寒服やカイロだけでなく防寒長靴や尻敷なども整えます。積雪が多い日には山に入るのさえ大変なこともあります。新雪でカンジキが効かず、胸まで雪に埋もれながら少しずつ斜面を登ったりします。積雪が多く車が林道に入れない時はスノーモービルが大活躍します。

 ふたつめの地域は、冬も温暖で果樹園が斜面を彩る里山です。
 果樹園や竹林、太陽光発電パネル、そしてゴルフ場などが周囲を取り巻く地域で猟が行われています。人家や畑の間の生活道路を車で移動した後、徒歩で5秒から10分ほどで各待場に到着します。待場のすぐ近くを車が通ったり、果樹園境のフェンスを背にして待場とすることもあります。猟場が人里に囲まれていることや猟師人口が比較的多いためか銃猟は巻狩りのみで、複数の猟犬を用いた猟が行われています。10人から20人いる猟師の大部分が待場に入り、向かいの山から放たれた複数のGPS付猟犬が、勢子に誘導されながら射手をめがけて獲物を追い込んでゆきます。

 冬期とはいえ積雪はほとんどなく、日差しが当たればほのかに暖かいほどで、ひたすら待場に潜んでいてもそれほど負担になりません。林内や獣道のすぐ脇を待場とすれば、積雪は無くても下草はそれほど多くなく獲物の姿をきちんと見分けることができます。
 暖かいことで生じる課題はあまりありませんが、獲物にダニが多く早い時期からハエが発生しやすいことは若干のデメリットでしょうか。また、暖かいと肉が悪くなり易く軒下でのエージングはできません。多頭数獲れた日でも解体まで当日中に全て終わらせなければなりません。その後各自で血抜きやエージングをすることになります。

役目を果たして休息する猟犬たち

 このように、同じイノシシ・シカ猟とはいっても地域によって環境に応じた様々な猟が行われていました。またどちらの地域でも、共に出猟する仲間同士の信頼関係が大切にされていたり、地元の農家と関わりながら猟が行われているといった共通点も知ることができました。これからも地元の要望に応えて野生動物の個体数を調節しつつスポーツとしても楽しむという、人と野生動物との上手な共生関係を実現する役割を期待したいと思います。

(*冬猟は実益を兼ねたスポーツであり、有害駆除ではありません。)

お肉はきちんと火を通してから!

今年も狩猟の季節がやってきました。
自分で獲ったシカやイノシシ、知り合いのハンターさんからもらったカモなど、なにかと野生鳥獣肉を食べる機会が増えるシーズンかなと思います。

ところで、みなさんは野生鳥獣肉をどのようにして食べていますか?
まさか「生で!」なんてことはないですよね…?

■ 生食、ダメ絶対(新鮮でもダメ)
生食がなぜダメなのか、それは食中毒の危険があるからです。
鳥獣肉の刺身や、血もしたたるレアステーキなんて、もってのほか。
「シカ肉のたたき」を出すレストランもあるようですが、この「たたき」、シカのローストのことではなくて、鰹のたたきと同じように表面をあぶっただけのものを指しているとしたら、中心部まで火が通っていないのでこれもアウトです。
また、「新鮮だったら生でも大丈夫」も大きな間違いです。
すべての野生鳥獣が食中毒の原因になるウイルスや寄生虫などに感染しているわけではありませんが、感染している場合は当然死ぬ前から感染しているわけですから、捕獲直後のピカピカの肉だろうがなんだろうが関係ありません。そして、病原体に感染しているかどうか、見た目で分かることは少ないので、新鮮でおいしそうなお肉だからといって生食OKと判断してはいけません。

■ どんな食中毒が心配なの?
主なものとして2つほど紹介します。

<E型肝炎>

E型肝炎ウイルスに感染することで発症する急性肝炎(まれに劇症化する)です。イノシシやシカ、豚などの肉や内臓を生で食べることによって感染した事例があります。感染しても症状が出ないことが多いとされていますが、平均6週間の潜伏期間があるので、肉を生で食べた直後に症状が出ないからといって油断はできません。
○症状
発熱や食欲不振、嘔吐、肝機能の悪化、黄疸などが1~2週間続く
まれに劇症肝炎(急性肝不全)による死亡事例あり
妊婦は劇症化しやすく、死亡率は20%になることがある
○感染事例①
イノシシのレバーを生で食べた2名が発症、うち1名死亡(2003年)
○感染事例②
シカ肉を刺身で食べた4名が発症(2004年)
○予防
しっかり加熱

<腸管出血性大腸菌感染症>

腸管出血性大腸菌が原因の感染症です。無症状の場合もありますが、4~8日の潜伏期を経て、さまざまな症状が出ます。
○症状
下痢、腹痛、血便など
溶血性尿毒症症候群(HUS)や脳症などの重篤な合併症が患者の6〜7%で発生
HUS を発症した患者の致死率は1〜5%
○感染事例
冷凍保存していたシカ肉を刺身で食べた4名が発症(1997年)
○予防
しっかり加熱

生の肉もしくは加熱不十分な肉を食べることによって起こる食中毒は、もちろんこの限りではありません。もっと知りたい方は内閣府食品安全委員会が出しているファクトシートなどをご覧ください。

■ 「しっかり加熱」とは…?
それでは、どのくらい熱をかければ良いのでしょうか?
厚生労働省は野生鳥獣肉の衛生管理に関する指針(ガイドライン)の中で、

肉の中心部の温度が75℃、1分間以上

または「これと同等以上の加熱」を推奨しています。
「同等以上」の加熱条件としては

肉の中心部の温度が63℃、30分間以上

があります(厚生労働省「豚の食肉の基準に関するQ&Aについて」より)。

「この加熱条件をクリアする料理法が分からない…」という方もいるかと思います。でも心配ご無用、信州ジビエ研究会やTWIN(北海道の女性ハンターの会)などがレシピを紹介しています!参考にしてみてください。

・信州ジビエ研究会レシピ
・TWIN レシピ

■ さいごに
・「野生鳥獣肉だから」じゃない
 ここまでいろいろ書いてきましたが、この記事を読んで、野生鳥獣肉が特別怖いものだと誤解しないでいただきたいなと思います。某焼き肉店でユッケを食べた方5名が亡くなった事件(2011年)は記憶に新しいかと思います。あれはまさに上で紹介した「腸管出血性大腸菌」による食中毒事件でした。「野生鳥獣肉だから危険」なのではなくて家畜肉であれ野生鳥獣肉であれ、「生食だから危険」「適切な処理をしないから危険」なのです。
 安全に食べる方法を知ることが大事です。きちんと加熱!しっかり覚えてくださいね。

・「これまで大丈夫だった」「オレは大丈夫」は大丈夫じゃない
 「これまでずっと生で食べてきたけどオレは元気だ」という方もいっぱいいらっしゃるでしょう。「生で食べるのが好きだから病気になっても構わん」という人もいるかもしれません。個人の自由と言ってしまえばそれまでです。でもちょっとだけ、大きな目で見てみませんか。
 2013年度における農作物被害額はシカで75億円、イノシシで55億円にものぼります。そして、同年度における駆除数はシカ約30万頭、イノシシ約34万頭です。これらのうち、食肉として有効活用されているのはごくわずかです。このままでは、野生鳥獣による直接的な経済被害のほか、駆除した鳥獣の処理にも労力やお金が費やされていくばっかりです。しかし、もし駆除された動物が食肉として流通するようになれば、野生鳥獣は地域にとってお金になり、被害をもたらすだけのものではなくなります。野生鳥獣肉を市場に流通させるには需要と供給のバランスや処理施設の問題などいろいろなハードルがあり、簡単に進むものではありませんが、それでも近年は各地で徐々に有効活用の動きが見られます。そんな中、ここでひとたび野生鳥獣肉による重大な食中毒事件や死亡事件が起きたとしたら、この流れに水をさすことになりかねません。
 また、近年はジビエブームやジビエによる地域おこしなどを通じて、一般の方々の間でも野生鳥獣肉(ジビエ)に対する興味は高まってきているように思います。野生鳥獣肉が人の口に入る機会もこれからますます広く、多くなっていくでしょう。加熱調理が必要であることを正しく伝えなければ、防げる食中毒も防げなくなってしまいます。
「自分は大丈夫」ではなくて、少し大きな目で見て、安全に野生鳥獣肉を楽しんでいただければと思います。

201612%e6%96%99%e7%90%86%e5%86%99%e7%9c%9f
(左から)シカシチュー、クマハンバーグ、イノシシチャンプルー

*そのほかの参考資料
厚生労働省「食肉を解するE型肝炎ウイルス感染事例について(E型肝炎Q&A)」
北海道立衛生研究所「E型肝炎ウイルスはどこから?」
日獣会誌69(2016)「野生動物の食用利用と人獣共通感染症」

カワウの標識調査

 カワウという水鳥をご存知でしょうか。

 近年、ニホンジカなどと同様に、カワウという水鳥が増えすぎたことによる問題が全国各地で起きています。カワウが魚(主にアユ)を食べることによる漁業被害や集団繁殖地での植生被害、糞による悪臭など様々な問題があります。

 野生動物の保護管理を進めていく上で、対象種の生態を知ることは非常に重要です。しかし、野生動物は飼育下動物と違い、広範囲を移動し、個体の識別も困難なことが多く、まだまだ生態を知ることができていません。カワウも例外ではなく、
 ・どういった移動範囲なのか
 ・野外での寿命は何歳までなのか

などといった多くの情報が不足しています。

%e3%82%ab%e3%83%af%e3%82%a6%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%e3%81%a6 そこで,カワウの生態を把握するために、筆者らはカワウの雛を捕獲して脚環をつけて放鳥し、観察や捕獲などによって再確認する標識調査を行っています。カワウの標識調査では、右脚に通し番号が刻印された環境省の金属リング、左脚に個別の記号・番号が書かれたカラーリングを装着します。カラーリングには地域ごとで色が割り振られており、色を確認するだけで、そのカワウがどこから来たのかがわかるようになっています。

 この標識調査によって、筆者らが脚環を装着している竹生島(滋賀県)から移動して、宮崎県まで長距離移動をしていた例が確認されています。また、東京都では、15歳以上のカワウも確認されています。しかし、脚環の付いたカワウの再確認情報はそう多くないため、適切なカワウ管理を進める上で特に重要な広域移動の実態はよくわかっていません。

 そこで、お願いがあります。

 もし野外で脚環を装着しているカワウ(死体の場合でも)を見つけましたら、是非確認情報(下記の内容)をお知らせください。カワウの生態を解明するための貴重なデータとなります。

1.観察場所(住所や近くの目立つ建物などできるだけ詳しく)
2.観察年月日と時刻
3.カラーリングの色と種類,書かれている記号と線の位置,左右の脚それぞれのリング類の配置
4.観察時のカワウの状況(ex.20羽の群れでいた,岸辺にいたなど)
5.観察者の名前と連絡先(E-mailアドレス,電話番号)
6.とりまとめの際に名前を公表してよいか

 連絡先:WSJ  E-mail:info@npo-wsj.org