本州でも「エキノコックス」?

エキノコックスという寄生虫は包虫とも呼ばれ、日本では主に北海道でみられる多包条虫が知られています。北海道以外の方々にとっては、「エキノコックス」という言葉は馴染みが薄いかもしれません。北海道では主にキツネやイヌに感染し、糞便に排出された虫卵が草原や水などを汚染します。人は虫卵に汚染された水や食物の飲食によって感染しますが、虫卵が体内で孵化して包虫(幼虫)が肝臓で増殖した後、肝腫大、黄疸、肝機能障害などの症状として表れるには数年から20年はかかり、病巣を手術で摘出しなければならないなど、感染すると非常にやっかいな寄生虫です。ちなみに、本来の宿主であるキツネやイヌは、通常は感染しても症状を示すことはありません。

 そんなエキノコックスが本州でも発見されたのです。2005年に埼玉県で、2014年4月に愛知県阿久比町でそれぞれ捕獲された野犬から、エキノコックスが検出されました。どちらも遺伝子検査の結果、塩基配列は北海道の多包条虫のものとすべて一致しました。そのため、北海道から何らかのかたちでやってきたイヌによるものではないかと考えられています。埼玉県ではその後の調査においてこれまで検出の報告はなく、愛知県では現在野犬におけるエキノコックス感染状況の調査が実施されています。

 エキノコックスへの対策としては、
・手をよく洗う
・生水は飲まない
・山菜や果物などはよく洗い加熱する

 などの衛生的な対策が基本ですが、
・犬の放し飼いをしない
・野生動物との不用意な接触を避ける(家の周辺で動物の糞を見つけたら速やかに片付ける、家の床下や壊れた物置などのキツネが住み着きそうな場所に注意する)

などの対策をしっかり行うことで虫卵を経口摂取する可能性を減らしていくことが重要です。

 この阿久比町周辺は、新見南吉の「ごんぎつね」の舞台とされています。阿久比町のある知多半島はかつてキツネの生息地でしたが、昭和30年代に姿を消したといわれていました。近年キツネが約半世紀ぶりに確認されたこともあり、「ごんぎつねがくらしていた里山」として観光や環境整備に力をいれているさなかの出来事でした。現時点では当地において観光に打撃を与えるような大きな騒動とはなってはおらず、人間への感染者も報告されていませんが、地域における観光などの取り組みと感染症からの安全を両立させるには、このブログでも繰り返し述べられている「人間と野生動物との間の適正な距離感」が必要なのだと感じます。

201609_%e3%82%a8%e3%82%ad%e3%83%8e%e3%82%b3%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b91 201609_%e3%82%a8%e3%82%ad%e3%83%8e%e3%82%b3%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b92
写真:阿久比町植大の権現山にて、「ごん」の名前の由来とも言われています。
ここでもキツネが確認されています。

「公開シンポジウム:野生動物管理のリーダーをどう育てるか」に参加して思ったこと

201607_野生動物管理のリーダーをどう育てるかポスター 巷では、人材育成の御旗の下、鳥獣関連の研修や講座、スクールがひしめいている。その実施主体も、行政や民間、大学などの教育機関と多彩である。しかし、未だに鳥獣害が収束していないところを見れば、これら事業は効果的に機能しているとは言えない。そのため本シンポジウムは、「野生動物管理に必要なモニタリング、計画・施策・評価を主体的且つ継続的に判断できるリーダーを育成するための教育プログラムを提供し、現場で活躍できる体制を構築するために何が必要なのか?」についての議論と情報共有を目的に開催された。

 まず明確化されたのは、鳥獣行政や被害対策等の現場において、基礎的な知識や技術、判断力を有する人材が、実質的に不在の状況にある点である。鳥獣法が改正されるたびに、人材の「育成」のみならず「配置」や「配置の公表」等が付帯決議として記されてきた。しかし問題は、最初の講演で赤坂氏が強調したように、これが実質化されていない点である。本来、付帯決議は「行政の責任当局としての立場からこれを尊重すべき」とされているためである。加えて、育成に関わる先進的な取り組みは、国よりもむしろ地方や大学で行われている現状が指摘された。以降に続く4つの講演は、それら地方や大学における活動やポリシー等の紹介であった。

 更に、講演ならびにパネルディスカッションを通じて示されたのは、人材に求められる役割や活躍する職域等の多様性である。たとえば、役割としては保護管理のコーディネーターや現場での指導員、捕獲技術者等が、職域としては行政職員や民間企業の社員、ボランティア等が挙げられた。その上で、これらの多様性が未整理なまま、「ごった煮」状態で担い手論や人材論が展開されているとの問題が浮き彫りにされた。「ごった煮」ゆえ、多様な役割や職域間の関連性や連続性が整理されておらず、各育成事業間に通すべき縦串と横串が整理されていない・・・。この系統性の欠落こそが、冒頭に述べた「効果的に機能しているとは言えない」ことの最たる理由と言えるであろう。

 では、この「ごった煮」状態から脱却するには、どうすれば良いのであろうか?

 まずは、野生動物管理の担い手の役割や職域等の整理と明確化である。その上で、役割や職域ごとに育成すべき人材像を明確化し、それを念頭に置く系統的な教育カリキュラムを組み上げることである。そして何より重要なのが、育成した人材を配置するポストと待遇の確保である。これは、鳥獣法改正のたびに付帯決議とされてきた「人材の配置」に他ならない。

 率直に言おう。いま本当に求められるのは、捕獲数の増加や捕獲従事者の増加を目論む近視眼的な施策ではない。税金をつぎ込むべきは、系統的な教育システムの確立と実質化ならびに人材配置の基盤となるポストの創設と待遇の改善なのである。全国に蔓延している「野生動物対策における使い捨て的な雇用システム」が残る限りは、決して優秀な人材は育たない。

森を守るために

 今、日本の森で何が起きているか、ご存じでしょうか。

 日本の国土は約7割が森林で占められていますが、今のような木や草本が生い茂る森になったのは、そんなに昔のことではありません。唯一の資源として過度に収奪されてきた森は、長らくほとんどがはげ山の状態でした。その影響で土砂崩れなどの災害が多発し、明治時代からは国をあげて治山治水事業として森林整備が実施されてきました。それに加えて、戦後から始まったエネルギー革命による里山利用の衰退により、森林はここ数十年で急速に回復したのです。

50haに及ぶ大面積皆伐地。シカの食害を防ぐため、苗木にツリーシェルターをかぶせているが、完全に防ぐことはできていない。
50haに及ぶ大面積皆伐地。シカの食害を防ぐため、苗木にツリーシェルターをかぶせているが、完全に防ぐことはできていない。
 同じ時期に、戦後の復興で高まった木材需要を満たすために拡大造林政策が進められました。現在の人工林率は全体の約4割ですが、このときに造林されたものが多くを占めています。この各地で造林された人工林が今、本格的な利用期を迎えています。国の施策でも、林業の成長産業化の実現を目指した国産材の安定供給体制の構築を掲げており、全国で伐採の動きが加速しています。しかし、収益がまだ少ないことから、作業を低コストで実施するために、数十haに及ぶ大面積皆伐を行っている地域も増えてきました(写真)。このときに問題になるのが、シカによる被害です。シカの生息密度が高い地域で伐採した場合、植栽した苗木に対する食害が非常に大きいため成林が見込めなくなります。このままだと、災害が多発する過去のはげ山に戻ってしまうのです。

 再造林地でのシカによる被害を防ぐために、伐採後は主にツリーシェルターを設置する物理的な防除が実施されています。特にシカの生息密度が高い地域では、苗木の食害を防ぐために柵などの設置が不可欠な状況です。ただ、この方法は設置のための初期コストも大きく、設置後もシカの進入を防ぐためには定期的な見回りが必要になります。設置には補助金が出ますが、その後の見回りにかかるコストは土地所有者や管理者の負担となるため、設置しただけで放置している場合も少なくありません。また、シカによる被害を防ぐためには、個体数管理のための捕獲もあわせて実施する必要がありますが、森林でシカを捕獲できる人は減り続けています。今後の森林管理ではシカの管理も必須になると考えられることから、管理を担う人材の育成や管理体制の構築を進める必要があるでしょう。

 それでは、森を守るために、私たちができることは何でしょうか。

 一つは、価格の安い外材ではなく、国産材に森林保全にかかる費用を含めた対価を支払うこと。そうすることで、コスト削減のための無秩序な大面積皆伐を減らし、シカの管理を含めた持続的な森林管理に取り組むことにつながります。もう一つは、シカなどの動物を含めた森林との関わりを取り戻すこと。中山間地域が衰退し、都市に住む人が増え続ける中で、森林などの自然と接する機会のない人も増えています。まずは、身近な自然に興味を持ってみてください。それが自然と関わる第一歩、そして森を守ることにつながるのです。

自然観察、自然遊び

★今回はWSJのメンバーがボランティアで参加している自然観察活動について、
 その内容や活動に対する想いを紹介します★

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 地元の子どもたちを対象に、年間を通じ月1回季節に合わせた自然観察や体験の活動を行っています。今年度で13年目になりました。私のところでは、スタッフはみんなボランティアで、地元以外からも来てくれています。春は田んぼでカエル観察、夏は川で泳ぎながら水生昆虫や魚を採って観察、冬は遊びながらカモの種類を観察する「かもかもビンゴ」などが、主な活動です。「化石さがし」も子どもたちに大人気です。

 私の住まいは県内でも自然の豊かな場所ですが、学校は統合が進み通学距離が長い子も多いためか、放課後に子ども同士で集まって遊ぶ姿はあまり見られません(家の中でゲームをしているのかも知れませんが)。自然に囲まれた地域でも、子どもが自然の中で遊ぶことが少なくなっていると感じます。

201604_自然クラブ1 私の行っている活動に参加している子どもたちは、自然について興味を持っている子がほとんどで、図鑑やマスメディアなどからの情報はとてもよく知っている子が多いです。しかし、実物を見たり触ったりという経験が少ないようです。なので、活動に参加することで、生き物を見つけるポイントや捕まえたときの反応、触ったときどんな感触でどんな臭いがするのかなど、実際に自分でやってみて図鑑には書いていない多くのことが学べることを実感として持ってほしいと思っています。

 この活動を始めたのは自分が自然の中で遊びたいからだったのですが、今ではこのような活動がとても大切なものに思えます。子どもの時期に自然に触れて遊び、楽しかったという気持ちを持っているかどうか、そのことが大人になってからの自然を見る目、受け止め方に影響していると思うからです。そして、野生動物と人との軋轢の軽減や自然環境の保全などには、それを仕事として携わる人以外の方々の理解が大切だからです。
 全国で自然と親しむイベントなどの取り組みが行われていると思います。前述した理由から、活動を実施する側が科学的根拠を持って実体験に基づく「ほんもの」の情報を参加者に伝えることがとても大切だと感じます。

201604_自然クラブ2 話は変わりますが、本が出ました。「とちぎの野生動物~私たちの研究のカタチ」という本です。ここ30年くらいの栃木県内の野生動物の研究を読み物としてまとめた内容です。是非ご一読ください。私もチョットだけ書かせていただきました。

クマと人との距離感

ヒグマが横断した国道
A町中心部。この道をクマが横断するのを近くで立ち話をしていた住民が目撃したとのこと。
 北海道南部地域の今年の夏はヒグマ(以下、クマ)の騒がしい夏でした。

 7月から8月にかけて、A町の中心部に何度もクマが出没しました。「中心部」と言っても田舎町なので山はすぐそこなのですが、それでも「今までこんなところでクマを見たことは無かった」というところです。ゴミ置き場やお墓のお供えを漁ることはありませんでしたが、どうやらA町中心部がすっかり行動圏の一部になってしまったようで、一週間に1回くらいのペースでA町中心部に出没していました。
 ときを同じくしてB市では、山際の住宅地にしばしばクマが出没しました。クマの痕跡(足跡)から、どうも複数のクマが出没しているようだということが分かりました。この集落でも目撃が頻発し、朝晩犬の散歩に行く人や遅くに帰宅する人など、地域の人たちに不安が広がりました。

 なぜこんなにクマが出てくるようになったのでしょうか。道南地域で昔クマの調査をしていた人の話を聞くと、山にこもって調査をしていてもクマの姿を見られることはほとんど無かったと言います。しかしながらここ5年間について言えば、夏の間だけ、週に2~3回の頻度でしか山に入っていませんが、私がクマを見ない年はありません。クマの密度は昔も今も高いので、最近クマが増えたから目に付くようになったということではないと考えられます。一方で、今年に限らず近年聞かれるのは、「人に気付いているのに逃げないクマがいた」「人が見ているのに悠然と国道脇で草を食べていた」というような話です。科学的なデータの裏付けがあるわけではありませんが、クマのふるまいが変わってきたのかもしれないと考えています。ハンターが減り、山に入る人や山際の田畑で作業をする人も減り、人との距離のとり方をクマが学ぶ機会は減る一方なのだろうと思われます。その中で、その年の気候や芽吹き、結実などのフェノロジーや子グマの出生数などの状況により、出没が特に多い年が出てくるものと考えられます。

 人との距離のとり方をクマに「教育」する方法の一つにベア・ドッグによる追い払いがあります。先日、北米でベア・ドッグを育成しているキャリー・ハントさんが来日されました。キャリーさんは「人間の生活圏に近いところに行動圏を持つメスをきちんと教育すること」を強調して話されました。クマは排他的な「なわばり」を持たないものの、人との距離の取り方・人に対するふるまい方を知っているメスが集落周囲にいることで、次々と若い個体が集落周囲に侵入してくることに対する抑止力になるという考え方です。ベア・ドッグによってクマの対策にあたっている軽井沢でも、別荘地の周辺いるメスはきちんと「教育」されてきており、近年ゴミを荒らすクマはいないとのことでした。ベア・ドッグによる対策がすべてではありませんし、上手くいかないケースもあるとは思いますが、軽井沢の例はひとつの希望ではないかと思います。一方で、軽井沢でベア・ドッグを導入したのは2004年、約10年前です。クマに対する「教育」にはそれだけの努力量を割かなくてはいけないということでもあるのだと思います。もちろん、ゴミや廃棄作物の管理、農地の防除など人間のふるまいも徹底して「教育」していく必要があります。常に前線にいて、クマにも人間にも教育できるという人材がこれからますます必要とされてくると思います。町の安全や住民の安心、クマと人間双方にとっての平和のためにそういった人材を配置するのは、決して高い投資ではないのではないでしょうか。