カテゴリー別アーカイブ: 01野生生物との付き合い方

1

乗鞍畳平でのツキノワグマの事故について

2009年9月19日、ツキノワグマ(以下「クマ」とします)によって乗鞍畳平で10名の方が怪我をされる事故が起こりました。

事故直後に実施された岐阜大学乗鞍クマ人身事故調査プロジェクトチームの調査によって以下の事柄が判明しています。

  • 加害したクマはオスの成獣で、事故直前まで周辺の植物のような自然の食物を食べていた
  • 畳平周辺にはハイマツの実などの十分な食物があり、クマの自然な生息地だった
  • 人、車、鉄柵と衝突を繰り返した結果、クマがパニックを起こして攻撃的になったと推測された

クマによる重大な人身事故の多くは人による餌付けが背景にありますが、乗鞍のケースはそうではありません。人を次から次へと襲った行動も、クマが敵の群れに囲まれた場合のような防衛的な反応に近いものでした。ごく自然で普通のクマが、不幸な偶然が重なって攻撃的になったために発生した事故だったのです。

しかしその「偶然」は、どうやら起こりやすいもののようです。こちらに岐阜県が集計している畳平での目撃情報(H29)があります。
平成29年度 ツキノワグマ目撃箇所(畳平周辺)

実は、畳平周辺ではその後もクマが頻繁に目撃されています。そしてこの地図で注目すべきは、大黒岳、魔王岳、富士見岳への登山道等で形成された環状構造です。その他にも道路や登山道、遊歩道で形成された環状構造が多く見られます。この環状構造の中へクマが入れば、どこへ逃げてもクマが人と出会う状況に陥ってしまい、逃げた先で人との遭遇を繰り返したクマがパニックに陥りやすい環境となっています。実際、2009年の事故は大黒岳の登山道から道路へ向かってクマが走り出したことが起点となっています。この際、大黒岳の登山道付近に人がいたことも目撃されています。

こういった環状構造は乗鞍に特殊なものではなく、他の多くの自然公園でも見られます。つまりこのような構造があればクマのパニックはどこでも起こり得るものなのです。今後はこのような利用形態、構造について事故リスクの観点から十分に議論され、適切に改変されることが望まれます。

では環状の構造があれば同様の事故が今後も繰り返されるのでしょうか?
事故を予防するために、どういった対策が必要なのでしょうか?

岐阜大学によって、その後も調査が実施されています*。

2014年、2015年に実施された望遠鏡を用いた定点観察調査では、畳平周辺の28時間の観察で28回のクマの出没が記録されました。観察されるクマは親子、亜成獣、成獣と様々で、落ち着いた状態で主に草本類を採食している姿が確認されています。もしクマが人を避けないのであれば、周辺にはかなりの数の観光客がいますから、相当な数の目撃報告があるはずです。しかしこの調査で確認された28回のクマの出没のうち、岐阜県統計で目撃情報として登録されていたものは1回(3.5%)だけでした。
こちらが、岐阜県の目撃情報を掲示しているサイトです。
岐阜県域統合型WebGIS クママップ

これらの結果から以下の事柄が分かります。

  • 利用者側はほとんど気付いていないが、畳平周辺にはクマが多数生息している
  • クマの側がかなり慎重に人を避けて距離をとっている
  • ハイマツ帯のような開けた場所でも、周辺にいるクマはなかなか見つからない

事故予防の観点からこれらの結果を考えれば、見つけたクマへ注意を払うだけでは明らかに不十分であることが分かります。実際、2009年の事故を起こしたクマは初めの被害者が見つけた時点でパニックを起こしており、既にコントロールができない状態でした。クマの事故は「見つけたクマへの対処に専念する」ような対応方針ではカバーできないのです。

では、見えていないクマへはどのような対策をすべきなのでしょうか?
クマのパニックを防ぐためにどのような方法があるのでしょうか?

結論から言えば、鈴やラジオのような音の鳴るものを持って行動することです。クマが人を避けていることが明らかですから、人側がそれを補助すればよいのです。

高山帯の観光地で鈴やラジオを持つ意義は以下のようなものです。

  • 音に気付いたクマが周辺を警戒する行動を増やし、人との距離をとる
  • 興奮して走り出すような距離でクマが人と遭遇する事態が起こりにくくなる
  • 人の多くいる(鈴の音が多い)エリアへクマが向かうことを避ける

これらの効果は、人がクマの存在を正確に把握していなくても勝手に発揮されます。鈴等によるクマと人との遭遇の予防は、事故を避ける上で最も重要な管理ポイントで機能し、費用が安く、それゆえに最優先で普及すべき対策方法です。

2014年、2015年の岐阜大学の調査では、鈴やラジオ等のクマ対策を行っている利用者の割合についても調べられています。調査の結果、2009年の事故の後の調査であるにも関わらず、対策をしている人は1663人の調査対象者のうち95人(5.7%)であることが分かりました。

クマと人との事故リスクを考える上で最大の課題は、人側の意識の低さです。クマが存在し、実際にクマによる事故も発生していながら、適切な対策を取る利用者があまりに少ないのです。事故当時に対策していた利用者は恐らくもっと少なかったでしょう。もし2009年の当時、登山道を利用する人が鈴等で対策していれば、そもそも大黒岳でクマが走り出してしまうような人との接触は起こらなかったはずです。自衛のためにも、間接的な加害者にならないためにも、鈴等によるクマ対策は山林に入る際に当たり前の装備とされるべきでしょう。

一般利用者の意識向上は非常に困難な課題に見えるのですが、そこには希望もあります。

岐阜大学の調査では、高山帯のクマに対する利用者の意識調査も行われています。高山帯のクマに関して保全すべきか排除すべきかを畳平の利用者を対象に調べたところ、314人のアンケート調査対象者のうち排除すべきと答えた利用者は8人(3%)にとどまりました。

観光地におけるクマの存在は、その地域で観光業を営む人たちにとってタブーに近い扱いをされることがあります。クマを恐れて観光客が減少する不安があるからです。しかしこの調査から、利用者の多くはクマを危険な害獣とはみなしておらず、自然の一部として見ていることが明らかになりました。

長くなりましたが、結論はとても簡単です。
乗鞍に限った話ではありませんが、山林に入る際は鈴などの対策を取ること。
管理者や観光業者はクマの存在を隠さず、適切な対策情報を示すこと。
これだけで、クマも、利用者も、観光業者も、落ち着いて乗鞍が満喫できるということです。

*森元萌弥・松山亮太・國永尚稔・妻藤李白・中島彩季・生島詩織・吉田智幸・荒井秀・岩木りお・西川優弥・長谷川彩・渡辺祐希・吉田幸弘・中野祐二. 2015. 乗鞍岳畳平周辺におけるツキノワグマの出没と公園利用者の意識. 第21回「野生生物と社会」学会沖縄大会プログラム・講演要旨集: 177.

クマとの不幸な事故を避けるために

山菜採りで山に入った方がクマと遭遇し、事故になるニュースが相次いでいます。
ニュースになるたびに、
「クマは凶暴」
「山に入る人が悪い」
「クマ鈴はもはや効かないらしい」など、
いろいろな意見が飛び交いますが、みなさんはクマのこと正しく知っていますか?
闇雲に怖がったり、被害者を責めたりしても、事故のリスクがなくなるわけではありません。
クマやその対策をきちんと知り、備えることで、事故のリスクを最小限にして山菜採りや山歩きを楽しむことができます。

山野がクマの生息地であることは間違いありません。
では、山野に出かけるとき、何に気を付ければ良いのでしょうか?
簡単にまとめてみたので、たくさんの方に読んでいただければと思います。

*画像をクリックするとPDF でご覧いただけます。
普及や教育用、メディアで取り上げるなど、二次配布をご希望の方はWSJ事務局までご連絡ください。
連絡先: info★npo-wsj.org (送信する際は★を@に直してください)

クマと人との距離感

ヒグマが横断した国道
A町中心部。この道をクマが横断するのを近くで立ち話をしていた住民が目撃したとのこと。
 北海道南部地域の今年の夏はヒグマ(以下、クマ)の騒がしい夏でした。

 7月から8月にかけて、A町の中心部に何度もクマが出没しました。「中心部」と言っても田舎町なので山はすぐそこなのですが、それでも「今までこんなところでクマを見たことは無かった」というところです。ゴミ置き場やお墓のお供えを漁ることはありませんでしたが、どうやらA町中心部がすっかり行動圏の一部になってしまったようで、一週間に1回くらいのペースでA町中心部に出没していました。
 ときを同じくしてB市では、山際の住宅地にしばしばクマが出没しました。クマの痕跡(足跡)から、どうも複数のクマが出没しているようだということが分かりました。この集落でも目撃が頻発し、朝晩犬の散歩に行く人や遅くに帰宅する人など、地域の人たちに不安が広がりました。

 なぜこんなにクマが出てくるようになったのでしょうか。道南地域で昔クマの調査をしていた人の話を聞くと、山にこもって調査をしていてもクマの姿を見られることはほとんど無かったと言います。しかしながらここ5年間について言えば、夏の間だけ、週に2~3回の頻度でしか山に入っていませんが、私がクマを見ない年はありません。クマの密度は昔も今も高いので、最近クマが増えたから目に付くようになったということではないと考えられます。一方で、今年に限らず近年聞かれるのは、「人に気付いているのに逃げないクマがいた」「人が見ているのに悠然と国道脇で草を食べていた」というような話です。科学的なデータの裏付けがあるわけではありませんが、クマのふるまいが変わってきたのかもしれないと考えています。ハンターが減り、山に入る人や山際の田畑で作業をする人も減り、人との距離のとり方をクマが学ぶ機会は減る一方なのだろうと思われます。その中で、その年の気候や芽吹き、結実などのフェノロジーや子グマの出生数などの状況により、出没が特に多い年が出てくるものと考えられます。

 人との距離のとり方をクマに「教育」する方法の一つにベア・ドッグによる追い払いがあります。先日、北米でベア・ドッグを育成しているキャリー・ハントさんが来日されました。キャリーさんは「人間の生活圏に近いところに行動圏を持つメスをきちんと教育すること」を強調して話されました。クマは排他的な「なわばり」を持たないものの、人との距離の取り方・人に対するふるまい方を知っているメスが集落周囲にいることで、次々と若い個体が集落周囲に侵入してくることに対する抑止力になるという考え方です。ベア・ドッグによってクマの対策にあたっている軽井沢でも、別荘地の周辺いるメスはきちんと「教育」されてきており、近年ゴミを荒らすクマはいないとのことでした。ベア・ドッグによる対策がすべてではありませんし、上手くいかないケースもあるとは思いますが、軽井沢の例はひとつの希望ではないかと思います。一方で、軽井沢でベア・ドッグを導入したのは2004年、約10年前です。クマに対する「教育」にはそれだけの努力量を割かなくてはいけないということでもあるのだと思います。もちろん、ゴミや廃棄作物の管理、農地の防除など人間のふるまいも徹底して「教育」していく必要があります。常に前線にいて、クマにも人間にも教育できるという人材がこれからますます必要とされてくると思います。町の安全や住民の安心、クマと人間双方にとっての平和のためにそういった人材を配置するのは、決して高い投資ではないのではないでしょうか。

カラスから考える野生動物へ餌を与えることとは

201510_カラス写真 餌を与えるというと、どのような場面をイメージされるでしょうか。動物園にいるサルやキリンへ与える、池のコイやフナやカモへ与える…などが思いつきます。では、「カラスがゴミを漁っている」のは、餌を与えると言えるでしょうか。

 餌を与える(給餌)という行為は、意図的に与えている場合と、非意図的に与えてしまっている場合の大きく二つに分けられます。どちらの行為もそれまで人為的な餌を食べていなかった野生動物が、人から与えられた餌を食べることを覚えてしまうことによって、様々な影響が生じてきます。

 ここでは対象を鳥類に絞って話をしたいと思います。まずは意図的な給餌についてです。与えている本人が意識している例で、庭に餌台を置いてやってくる野鳥へ餌を与えることや、公園のハトや湖のハクチョウ・カモへパンを与えることなどが該当します。与えたい理由として、自分が与えた餌を食べてくれることが楽しい、寒い冬で餌が少ないから助けたいということなどが挙げられます。

 給餌という行為は、彼らの行動に変化を起こすことは明らかで、本来は避けるべき行為ですが、それでも給餌せざるを得ないケースもあります。わかりやすいのは、数が少なくなった種を保護するために給餌するケースで、タンチョウの例が挙げられます。タンチョウは一時、絶滅の危機に瀕していましたが、給餌のおかげでその危機を脱することができました。ただし、給餌をした弊害もあります。それは、タンチョウが冬を越す手段として人間の給餌に頼り過ぎるようになってしまったことです。タンチョウの個体数は1500羽を超えており、これだけの数を維持するにはある程度の給餌は必要だとされていますが、タンチョウ自身でもっと餌を捕るようになって適度に分散しなければいけないと考えられています。給餌場への個体の集中は感染症が蔓延する恐れがあり、一挙に全滅することもありえるからです。現在、官民一体となってタンチョウを分散させるための様々な解決策が行われています。

 タンチョウの例は絶滅回避という観点から必要となった給餌の一例です。他にも、日本で増えすぎてしまったシカの個体数を管理する上で、効率よく捕獲するため意図的に給餌を行うこともありますが、ここでは割愛させて頂きます。

 以上のような理由があるなら給餌も必要だと言えますが、ただ楽しいからという理由で餌を与えることは野生動物にとって良いことはありません。餌を与えることで、人間と野生動物との間の適切な距離感が失われてしまいます。水鳥への給餌は、彼らの排泄物が人間に触れる機会を増やしますし、餌を手に持っていた人がクチバシで突かれた事例もあります。人間の給餌に頼ると、生活パターンが変わるかもしれません。また、給餌によって川や池の水質が悪化する可能性もあります。

 このように意図的な給餌には様々な影響がありますが、非意図的な給餌はどうでしょうか。わかりやすい事例が、カラスがゴミを漁ることでしょう。ゴミを荒らされた人は、カラスが「勝手に」漁ったと思いがちですが、意図しなくても餌を食べられてしまえばそれは結果的に給餌となるのです。そして、非意図的な給餌でも意図的な給餌と同様の問題が生じます。
 カラスの例でいえば、人間が適切にゴミの管理をしていれば、カラスもゴミを漁ることはできません。カラスは町中にまんべんなくいるのではなく、餌のある場所に集中します。ゴミの管理が徹底されている地域には居つきません。
 野生動物と共に生活していくには、人間も努力することが必要です。まずはご家庭の生ごみの出し方から考えてみてはいかがでしょうか。

被害管理の目の前とその先

 野生生物管理はどのように解釈されようと、最終的にはヒトのために行われます。特に野生生物による農業被害の管理では、”ヒトの収穫”という目的が明確にあります。「被害が減った」「動物にイライラしなくなった」という人の声がゴールであり原動力となる場合が多いです。
 それゆえに、盲目的になってしまうことがあります。

 先日、被害管理に関するモデル形成でお世話になっていた自治会の会長さんが亡くなりました。学校の先生をしていた方で、こちらも多くのことを教えて頂きました。この方がいらっしゃらなかったら関係構築もうまくは進んでいなかったかも知れません。会長と一緒に笑顔しか見せたことのなかった奥さんが葬式で顔をくしゃくしゃにしているのを見て、何とも言えない無力感を感じてしまいました。

  被害管理とは、集落の生活の中でそんなに重要な事柄なのだろうか?
  今の集落で被害管理を進めて、その先にどんな未来があるのだろうか?
  そもそも、10年後20年後、いま守るべき田畑に人影があるのだろうか?

 分かってはいたつもりなのですが、現場に出ているうちに、創造しておくべき未来の形を置き去りにして目の前の笑顔を目的にしてしまっていた自分に気付きました。

 営農は産業であり、経済活動です。
 本当の意味で被害管理を進めるのであれば、経営規模が大きな成り立った農家を対象とした管理や、新しく参入する若い世代を狙ったプログラムを用意する方が効果を望めるでしょう。いま見られる農業被害管理では、経済的な効果ではなく、過疎地の生活支援としての効果しか期待できないものがほとんどです。

 さて、限界を迎える途方もない数の集落で、現在の被害管理の先にどのようなゴールが設定できるのか…。あるいは社会が向かうゴールをいくつか想定するとして、そこに近づけられる被害管理の形とはどのようなものなのか…。
 会長が亡くなったのが急な話だったので私はかなりショックを受けて悩んでいたのですが、副自治会長が葬式の席で私を現実に引き戻す耳打ちをしてきました。
「昨日もイノシシ出たよ。柵の内側。」

食害を受けた自治会長さんの畑のカブ。 おそらくシカによるもの。

 ヒトがどんな状況でも、
 野生生物は待ってはくれない。
 どんな構想があっても、
 今の被害を放っておくことはできない。

 しかし”現在の目の前”の中で闇雲にあがくのではなく、ヒトの世代交代や変化を含めた野生生物の移り変わりを見据え、より遠い未来を軸にして行動を起こせるよう、常に考え、尽力していこうと思っています。