カテゴリー別アーカイブ: 03イベント

3

「公開シンポジウム:野生動物管理のリーダーをどう育てるか」に参加して思ったこと

201607_野生動物管理のリーダーをどう育てるかポスター 巷では、人材育成の御旗の下、鳥獣関連の研修や講座、スクールがひしめいている。その実施主体も、行政や民間、大学などの教育機関と多彩である。しかし、未だに鳥獣害が収束していないところを見れば、これら事業は効果的に機能しているとは言えない。そのため本シンポジウムは、「野生動物管理に必要なモニタリング、計画・施策・評価を主体的且つ継続的に判断できるリーダーを育成するための教育プログラムを提供し、現場で活躍できる体制を構築するために何が必要なのか?」についての議論と情報共有を目的に開催された。

 まず明確化されたのは、鳥獣行政や被害対策等の現場において、基礎的な知識や技術、判断力を有する人材が、実質的に不在の状況にある点である。鳥獣法が改正されるたびに、人材の「育成」のみならず「配置」や「配置の公表」等が付帯決議として記されてきた。しかし問題は、最初の講演で赤坂氏が強調したように、これが実質化されていない点である。本来、付帯決議は「行政の責任当局としての立場からこれを尊重すべき」とされているためである。加えて、育成に関わる先進的な取り組みは、国よりもむしろ地方や大学で行われている現状が指摘された。以降に続く4つの講演は、それら地方や大学における活動やポリシー等の紹介であった。

 更に、講演ならびにパネルディスカッションを通じて示されたのは、人材に求められる役割や活躍する職域等の多様性である。たとえば、役割としては保護管理のコーディネーターや現場での指導員、捕獲技術者等が、職域としては行政職員や民間企業の社員、ボランティア等が挙げられた。その上で、これらの多様性が未整理なまま、「ごった煮」状態で担い手論や人材論が展開されているとの問題が浮き彫りにされた。「ごった煮」ゆえ、多様な役割や職域間の関連性や連続性が整理されておらず、各育成事業間に通すべき縦串と横串が整理されていない・・・。この系統性の欠落こそが、冒頭に述べた「効果的に機能しているとは言えない」ことの最たる理由と言えるであろう。

 では、この「ごった煮」状態から脱却するには、どうすれば良いのであろうか?

 まずは、野生動物管理の担い手の役割や職域等の整理と明確化である。その上で、役割や職域ごとに育成すべき人材像を明確化し、それを念頭に置く系統的な教育カリキュラムを組み上げることである。そして何より重要なのが、育成した人材を配置するポストと待遇の確保である。これは、鳥獣法改正のたびに付帯決議とされてきた「人材の配置」に他ならない。

 率直に言おう。いま本当に求められるのは、捕獲数の増加や捕獲従事者の増加を目論む近視眼的な施策ではない。税金をつぎ込むべきは、系統的な教育システムの確立と実質化ならびに人材配置の基盤となるポストの創設と待遇の改善なのである。全国に蔓延している「野生動物対策における使い捨て的な雇用システム」が残る限りは、決して優秀な人材は育たない。

シンポジウム
「2014年ツキノワグマ大量出没の総括と展望
~クマによる人身事故0をめざして~」参加報告

201506_JBA東京シンポ(中川)要旨集表紙 5月9日東京都渋谷区東京ウィメンズプラザにおいて、日本クマネットワーク(JBN)とWWFジャパンの合同シンポジウム2014年ツキノワグマ大量出没の総括と展望~クマによる人身事故0をめざして~が開催されました。少し日数が空いてしまいましたが、JBN会員として本シンポジウムに参加しましたので内容を簡単に報告します。

 まず、環境省発表によりますと1月暫定値ですが、2014年のツキノワグマ捕獲数は3,527頭、うち捕殺数は3,369頭、人身被害人数は117人であることから、昨年度は2006年に次ぎ2010年とほぼ同じ規模での全国的な大量出没が起こったといえます。このような状況を受け、本シンポでは第1部で2014年度における各地の大量出没状況、第2部で過去の大量出没年を含めての総括、第3部で人身事故ゼロを目指して今後に向けての保護管理の展望を各演者が発表しました。
 第1部では、長野県、神奈川県、栃木県について状況報告が行われました。どの県でも2014年度は多くの出没があり、その対応に苦慮していることが伺えました。特に、長野県は記録上最大の捕殺数と人身事故を記録しました。2014年度は長年クマを誘引する原因を放置してきた地域で人身事故が多い印象があるとのことでした。人身事故の発生が多い地域に限らず、狭い範囲で出没が集中するような地域は、クマが出没するなんらかの要因があると考えられるので、きめ細かい情報収集と分析を行うことでその要因を明らかにして、他地域での被害防除へ活用していくことが重要だと思われます。
 第2部では、そもそもなぜ大量出没が起きるのかそのメカニズムについての報告などがされました。大量出没の背景(間接的要因)としては、分布域が拡大し人間の主要な生活圏に接近していることがあります。そのような状況の中、秋季の餌である堅果類の不足が引き金(直接的要因)として作用しています。ただし、大量出没年では堅果類の結実前の時期からクマの行動が変化することが報告されており、この原因についてはまだ明らかになっていないとのことです。いずれにせよ、人間とクマの生活圏が近づいてきている以上、今後も大量出没年は繰り返されることが予想されます。
 第3部では、兵庫県、島根県のクマの保護管理の体制、対策に関する報告がありました。両県とも県職員がクマや野生動物全般の専門員、指導員を担っており、誤捕獲個体の放獣や被害対策など地域においてきめ細やかな対応をしている保護管理の先進県です。このような体制で足元を固めつつ、増加していると推定されるクマの取扱いを今後どうするかが課題であることが示されました。

 現在のようにクマの分布域が拡大し、また生息数が増加していると言われている状況では、今後も人とクマとの遭遇は増加すると考えられるため、本シンポジウムのサブタイトルにもなっている「人身事故ゼロ」というのは、遠い目標にみえます。ですが、人身事故を少しでも減らさない限り、人のクマに対する許容量はどんどん小さくなり、人とクマが共存する未来はやってこないと感じます。人身事故を減らすため、JBNでは2011年に人身事故情報のとりまとめに関する報告書を発行し、過去の全国における人身事故の状況等のとりまとめを行っています。今後人身事故を減らすためには、このような活動を継続し一般市民にクマの生息状況や事故状況に関する情報を発信し普及啓発を図ることが必要だと考えます。また、事故事例を詳細に分析し、例えば事故におけるクマ鈴やラジオの携帯率などから実際にどのような装備がどの程度役に立つのかをデータとして示すことで、クマとの危険な遭遇を防ぐためのより実効性が高く本当に役立つ情報を発信していくことがクマに関わる人たちに求められていることだと思います。

これからの野生動物管理に必要な役割分担と連携

 12月20日(土)岐阜大学にて、WSJ主催の公開講演会「これからの野生動物管理:各県での取組から今後の展望を探る」を開催しました。遅ればせながら、ご報告いたします。

141220公開講演会ポスター_差替 全国的に野生動物による被害が増える中、被害対策だけでなく管理体制の抜本的な見直しが迫られています。そのような状況をふまえて、5月に鳥獣法の改正案が可決成立しました。今後は行政主導の対策にも期待が寄せられているところです。そこで今回は、各県での取組から今後の展望を探る、と題して、県の職員として精力的に野生動物管理に取り組んでいらっしゃる岐阜県・徳島県・栃木県の方にご講演いただきました。

 講演者の皆さんにはそれぞれ、県内の野生動物に関する現状から、現在実施している県としての取り組み、そして今後の県としての方向性について、お話しいただきました。県職員としての立場からだけでなく、現場に出られることの多い皆さんならではの本音が垣間見える個人的な意見も飛び出し、行政としての施策を実際の現場でどのように活かしていくべきなのかが今後の大きな課題と感じました。

 現在は、地域主体の被害管理が中心で、現場での対策は市町村単位での実施になることが多いのが現状です。これは非常に効果的で成果もあがっていますが、一方でシカやクマなどの大型動物や鳥類など、移動距離や生息範囲が広い野生動物では広域連携が欠かせません。そのためにも、今回お話しいただいた県としての取組は、これからますます重要になってくると思います。

 今回の鳥獣法改正にともなって、野生動物に対する施策は大きな転換点を迎えたわけですが、まだまだ手探りで進めている状況です。これからの野生動物管理では、市町村、都道府県、国がそれぞれ必要な役割を果たしつつ、縦にも横にも連携して取り組む体制作りが成功の鍵になると思います。その連携作りの中心的役割を県が担うことで新たな段階に進むことを期待しつつ、講演会のご報告に代えさせていただきます。講演者の皆さまを始め、多数の方にご参加いただきありがとうございました。

ヒグマと暮らすこと:ハンターさんからの問いかけ

 少し前の話題になりますが、昨年11月に北海道森町でヒグマフォーラムが開催されました。このフォーラムでは、今後のヒグマ対策をどう進めていくか?という観点で、北海道庁や市町村、猟友会、研究者という様々な立場からの話題提供がありました。
 今回話題提供をしてくださったハンターさんは、野生動物の保護管理に理解のある方なのですが、そのハンターさんが自分のお話の最後に、慎重に慎重に言葉を選びながら、こんな問いかけをしました。

クマがこの北海道に住んでいることは素晴らしいこと。
だけど、日々クマの被害に悩まされている住民にとってはたまらない。クマのことが憎いわけじゃないけれど、日々対応に追われているのにクマとのあつれきが全然減らない状況が続くと、大雪山とか知床とか、クマの住むところを一部の地域だけにできないだろうかと思ってしまうときがある。こんな考え方を皆さんはどう思いますか。

 この問いかけに対して、皆さんは何と答えますか?

ヒグマの足跡。一番近い民家まで100m。
ヒグマの足跡。
一番近い民家まで、100m。
 研究者であれば、「遺伝的多様性が…」「生物多様性が…」などと言って、「そんな選択はできません」と言うべきなのでしょうけれど、私個人としては「その選択はアリ」と思っています。もちろん、「クマの近くで生活をするという状況に地域がどうしても耐え難く、棲み分け方や棲み分けた後の管理方法などを利害関係者全員で話し合って選択した結論であるならば」ですが。一方で、行動圏の広いクマを一部の地域に閉じ込めておくのは物理的に非常に困難ですし、その他の地域のクマをすべて駆除できるかというとそれも厳しいでしょう。最終的には、「それならば、現実的にできることはなんだろうか」ということを地域の方々が考えられるようになるのがベストだと考えています。以前このブログにも出てきた町づくりの視点とも通じるところがあるかと思いますが、一部のハンターさんや市町村職員だけが対策に翻弄されるのではなくて、大事なのは地域全体が自分たちの暮らしをどうしたいのか考えることではないでしょうか。保護管理に理解のあるハンターさんにそこまで言わせてしまう現状こそが問題なのではないでしょうか。

第20回「野生生物と社会」学会犬山大会

犬山大会要旨集 2014年10月31日~11月2日までの3日間、愛知県犬山市の国際観光センター”フロイデ”で「野生生物と社会」学会大会が開催されました。今回は第20回の記念すべき大会であると同時に、野生動物管理に大きく関連している鳥獣法が改正された年でもあることから関心も高く、これまでの大会で最多の参加者だったとのことでした。

 大会企画テーマセッションでは、「森林とシカの管理」および「次世代の管理の担い手育成」を取り上げ、これまでの取組や事例を紹介しながら、改正鳥獣法をふまえた今後の展望についての講演が行われました。また、大会3日目には、野生動物対策に取り組む様々な分野の方たちが企画したテーマセッションが丸一日行われました。地域主体の獣害対策、野生生物による交通事故など、正面から野生動物問題を取り上げたセッションから、ポケモンを事例として生物多様性を考えたり、最高の人間関係を見つけるワークショップまで、多種多様なセッションが開催されました。懇親会翌日の朝9時半から19時までの長丁場にも関わらず、最後までたくさんの方が参加し活発な議論が行われました。

 大会終了翌日の11月3日には、同じ会場で「改正鳥獣法に寄せる期待と展望」と題して、4学会合同のサテライトシンポジウムも開催されました。今回の改正によって各学会がそれぞれ関わる項目についての紹介と、野生動物管理の最前線を担う方から現場での経験を通した事例紹介がありました。これらをふまえた総合討論を経て、最後に次なる鳥獣保護管理法と制度設計に向けて、「順応的・科学的管理と分業体制」および「行政機関の連携と研究機関の整備」について提言があり、シンポジウムは閉会しました。

 今回の大会とシンポジウムに参加して、野生動物をめぐる状況は大きな転換期にあると改めて感じました。これは裏を返せば、すでに待ったなしの状況に追い込まれているとも言えると思います。これからどのように野生動物との関係を築いていくのか、実際の現場で活動している私たち一人一人が真摯に向き合って考えていくべきだと改めて感じた4日間でした。